トレーニング

【2020年】秋のMt.富士ヒルクライムは9/27(日)に開催!規模はだいぶ縮小して行われる模様

富士ヒルクライム トレーニング

新型コロナの影響で、今年の富士ヒルの開催日は6月1週目の6/7(日)ではなく9/27(日)に変更となった。また”三蜜”対策のため例年とは異なる運営となるので、いくつか気になった点を紹介する。

富士ヒルの変更点や気になった点

エントリーと定員

エントリーはいつも通り公式ページからRUNNETで行う。一般の参加料は8,500円。エントリー期間は下記となっている。
 2020年7月18日(土)0:00 ~ 8月31日(月)23:59

今回の定員は3,000人の予定。毎年1万人が集まっていたので1/3以下に縮小となる模様。

受付

前日受付は中止
富士北麓公園 陸上競技場に行く必要は無く、事前に郵送でゼッケンと計測チップが送付される。

手荷物預かり

下山時用の手荷物預かりは中止
防寒用のウェアや着替えなどは、自分で持っていかなければならない。

待機とスタート

待機は無く、エントリー時に選択した6:30~10:30の30分間隔の中でいつでもスタートできる

フィニッシャーリングと完走証

完走タイムごとのブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナなどのフィニッシャーリングは無し。下山後に体育館で紙で印刷していた完走証は、Web記録証に変わる。

サイクルEXPO、表彰式

飲食ブース、グッズの販売など無し。表彰式も無し
下山後に陸上競技場の外のブースで配布されていたあったかいうどんも中止。

まとめ

個人的には、手荷物預かりが無く自分で上まで防寒用のウェアを持っていかなければならないのと、フィニッシャーリングの配布が無いの残念。

また地元の人たちの太鼓の応援や下山後うどん配布、飲食ブースやグッズ販売が無いのも何か盛り上がりに欠けて、ただタイムを計測するイベントになったように感じてしまう。

それでも年一回の富士ヒルに懸けてトレーニングしてきた人もいるだろうし、走りたい気持ちは分かるが、今年の申し込みどうしようか悩み中。。

富士ヒルライム公式ページ:https://www.fujihc.jp/

最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング | ロードバイク研究会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでロードバイク研究会の最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニング。アマゾンならポイント還元本が多数。ロードバイク研究会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また最速ヒルクライマー5人が教える ヒルクライムトレーニングもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました