ZWIFT

ZWIFT / GT-eRemoteの勾配負荷に関する設定

noborizaka_saka ZWIFT

GROWTACのGT-Roller F3.2をスマート化して使っています。

先月下記の記事で紹介しましたが、GT-eBoxのファームウェアをアップデートしたところ、2点よろこびの変化がありました。

よくなったところ

  1. 勾配変化による負荷の上がり方が高くなり、以前より負荷が掛かるようになった
  2. ERGモードが使えるようになった

1の方は、斜度が上がると以前よりも負荷が掛かるようになり、以前はいろいろ設定してもスカスカだったが、より強い負荷が掛かるようになった。

2は、2018年12月のリリースで対応していたもよう、、1年以上前・・・

GROWTACのサイトの不具合情報に記載されている『現在、ワット固定モードは正式には対応しておりません』の記載ばかり目に入り、対応していないとかんちがい・・・

ERGモードが使えるようになり、トレーニングのしやすさと、トレーニングしている感が上がった(笑)

勾配に関する負荷の設定

勾配に関する負荷の設定は、ZWIFT側とGT-eRemote側それぞれにある。

ZWFTの設定

zwift_settings
ZWIFTの設定画面

設定画面の「トレーナー難易度」をまん中くらいに設定。
以前は”最大”にしていたが、斜度のある道だと負荷が高すぎるため変更。

GT-eRemoteの設定

GT-eRemoteのSettings画面

Settings画面の「勾配負荷再現度」を100%に設定。

あとは、パワーメーター(Vector3)とGT-Powerもきちんと校正した。

気になる点

ファームウェアのアップデートで、勾配連動の負荷の具合はかなりよくなったが、気になる点がいくつかある。

  • 斜度0%の平坦や下りの負荷が軽すぎる
  • 斜度1~2%で、思った以上に負荷があがる
  • ERGモードで、指定されたパワーで安定しない
    一定の出力で回していても、20Wくらい平気で上下する
  • ERGモードで、指定されたパワーまで到達しない
    指定パワーの10%以内に入ると負荷が変わらないので、自分で調整が必要
  • ワットが戻らない
    足を止めても20Wくらいで進み続けたり、スプリントでもがいた後、しばらく最高出力が続いたりする

設定を見直したり、乗り方で調整したり、GROWTACのアップデートを待ったりしたいと思う。
素人アイデアだが、勾配の最大側、最小側のそれぞれで負荷の調整ができるといい感じにならないかなー

GRWOTACのリンク

GROWTACのサイトよく見るページのメモ。

GT-eBox,GT-eRemote バージョン情報
https://growtac.com/ufaqs/gt-ebox/

GT-eSMART 不具合情報
https://growtac.com/ufaqs/esmart-bug-information/

よくあるご質問(FAQ)
https://growtac.com/support/faq/

コメント

タイトルとURLをコピーしました