未分類

バイクの任意保険を更新したら年間9,800円@三井ダイレクト ノンフリート等級の割引を調べてみた。

バイクの任意保険 未分類

バイクの任意保険の満期の案内メールが届いた。三井ダイレクト損保をずっと使っているが、継続の手続きをしたら今回で20等級に上がり、年間の保険料が9,800円となんとも格安だった。

実は去年、継続の手続きをし忘れて2カ月くらい保険が切れてしまい、やばいっ!これまでの等級がリセットされて保険料あがるっ(><)とあせったが、電話で確認したところ等級が戻ることなく更新でき、事なきを得た。

この等級の制度は正式には「ノンフリート等級制度」というが、等級があがっていくとどれくらい割引されるのか調べてみた。

ノンフリート等級制度と割引率について

ノンフリート等級制度とは?

簡単に言うとノンフリート等級制度は、安全運転で事故を起こさない人は保険料を安くし、事故を起こしやすい人は保険料を多く支払うという仕組み。

1~20等級まであり、最初は6等級からスタートする。無事故で保険を使わなかったら翌年の更新で1等級上がる。逆に事故や盗難などで保険を使うと、3等級もしくは1等級下がる。20等級まで上がるには、6等級からスタートして最短で14年かかる。

ノンフリート等級の割引/割増について

等級だけでなく、無事故か事故で保険を使ったかで割引率(割増率)が変わる。
1~4等級は割引ではなく割増

等級 無事故 事故有
1等級 64% 割増
2等級 28% 割増
3等級 12% 割増
4等級 2% 割増
5等級 13%
6等級
(スタート)
19%
7等級 30% 20%
8等級 40% 21%
9等級 43% 22%
10等級 45% 23%
11等級 47% 25%
12等級 48% 27%
13等級 49% 29%
14等級 50% 31%
15等級 51% 33%
16等級 52% 36%
17等級 53% 38%
18等級 54% 40%
19等級 55% 42%
20等級 63% 44%

 

20等級になると、割引率は最大の63%となる。
19→20等級に変わると、ぐっと割引率があがる。

グラフだとこんな感じ。

ノンフリート等級の割引・割増.

例えば、最初6等級で保険料が3万円だとすると、1等級と20等級の場合でこれくらい差が出る。

1等級・・・約6.1万円
6等級・・・3万円
20等級(無事故)・・・約1.4万円

格安だったわけ

バイクの任意保険が1万円を下回るとは思ってなかった。最初は3万5千円くらいかかっていたが、ここまで安くなっていったのは

  • 等級が20等級になり、割引率が上がった
  • インターネットの手続きで3,500円の割引
  • 長期継続割引で、2.0%オフ
  • 保険の年齢条件を上げた

などの理由だろう。だいたい金額の辻褄が合う。

じぶんが使っている「三井ダイレクト」だが、保険料をなるべく抑えたい人は他に「チューリッヒ」や「アクサダイレクト」などのダイレクト型/通販型と呼ばれる保険がおすすめ。

次の更新時にでも、他の保険会社と比べて見直してみようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました