Nintendo Switch

【コスパ重視】ニンテンドースイッチの非純正コントローラーの購入レビュー

コントローラー Nintendo Switch

純正の「プロコン」安心信頼できるコントローラーだと思います。ただ定価が7,678円となかなか高く、購入するのに覚悟がいります・・・。今回はコスパ重視非純正コントローラーを買ってみたので紹介したいと思います。

コントローラーを追加したかった理由

本体付属のジョイコンだけで充分遊べるのですが、コントローラーもう一つあると下記のような利点があってより快適に遊べます。

  • ジョイコンは本体につけて充電したまま、追加のコントローラーで遊べる
  • ジョイコンをリングフィットのコントローラーにつけっぱなしにできる
  • 本体からジョイコンを外して、グリップに付け替えるという手間がなくなる

購入するポイントとして、Switch本体のスリープ解除機能があるコントローラーにしました。この機能があるとSwitch本体をドックに接続したままリモートで起動できて便利です。非純正のコントローラーだとこの機能がついていない場合が多いです。

購入はAmazonのタイムセールで

目をつけていたコントローラーが、Amazonのタイムセール+クーポン3,499円2,689円と安くなっていたので購入しました。カラーは本体と合わせてグレーにしました。

コントローラー

毎回タイムセールで安くなっているわけではありませんが、急いでなければ狙ってみても良いと思います。

プロコンとの機能比較

純正プロコンの機能はすべてあります。無線、HD振動、ジャイロセンサー、NFC機能、スリープ解除の機能はすべて備えています。さらに純正プロコンには無いTurboボタンがあり連射機能もついているので、機能的には上位互換です。

上でも書きましたが、スリープ解除機能は非純正のコントローラーだと対応していないものが多いので、この機能を使いたい人はきちんと対応可否について確認しましょう。

ペアリングと実際に使ってみた感想

タイムセールを開催しているとAmazonの配送に時間がかかることが多いのですが、今回は注文した翌日に商品が届きました。早速開封してSwitchとペアリングしてみました。

ペアリングは、Switch本体を起動して[コントローラー] – [持ちかた/順番を変える]の画面に移り、コントローラー上部の「ドッキング」ボタンを長押しして、画面の指示通りに操作すると接続できます。

コントローラー

試しにゲームをしてコントローラーを使ってみましたが、全体的には満足です。スティック十字キーの操作感がよく、LRボタンなどの感触もいい具合です。

ただ気になったところABXYボタンが少しチープで、押すとカチャカチャと音がする点です。静音タイプマウスキーボードを使っている人は少し気になるかもしれません。純正プロコン半額以下の製品ということを考えれば、コスパ的には良いかと思います。

Amazonだと同じ製品がいくつか出ているので、自分の好みの色値段の安いところから買うのがオススメです。Switchをより快適に遊べる環境にしましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました