トレーニング

パワーゾーンと自動計算

power_distribution トレーニング

ZWIFTのライド中や結果のグラフをみると、カラフルなグラフが表示され、パワーや心拍、スピード、ケイデンスの推移が表示される。

パワーはいくつかのゾーンに分かれていて、効率よくトレーニングしたい人はじぶんの弱点や強みを把握して、特定のパワーゾーンを狙って鍛えるとよいらしい。

パワーゾーン (コーガン方式)

パワーゾーンはFTPに対するパワーの割合によって、L1からL6 (ZWIFTだとZ1~Z6) のゾーンに区分される。
これはコーガン方式と呼ばれているもので、他にRST方式というものもあるがZWIFTはコーガン方式の分け方っぽいのでRST方式は割愛。

FTPは、Functional Threshold Powerの略で、1時間維持できる最大パワーのこと。ZWIFTだと20分の最大パワーの95%の値がFTPと採用されている。

レースやグループライドなどのライド中に自動検知して更新くれるが、FTP Testのワークアウトで計測することもできる(辛い)

レベル ゾーン名 FTPに対する割合 時間の目安
下限 上限
神経筋
Neuromuscular Power
151% Max 5~15秒
L6 無酸素運動容量
Anaerobic Capacity
121% 150% 30秒~5分
L5 最大酸素摂取量
VO2max
106% 120% 5~20分
L4 乳酸閾値
Lactate Threshold
91% 105% 20~90分
L3 テンポ
Tempo
76% 90% 90分~4時間
L2 エンデュランス
Endurance
56% 75% 4~12時間
L1 アクティブリカバリー
Active Recovery
0% 55% 12~24時間

パワーゾーン計算機

コメント

タイトルとURLをコピーしました