未分類

【低スぺPC】パソコンの「メモリ」と「グラフィックボード」の追加 (Vostro 3268)

メモリ 未分類

2017年6月にDellで購入したスモールデスクトップのパソコン「Vostro 3268」を使っています。ゲームはしないのでスペックは求めず、当時の値段は送料込みで4.5万円でした。

最近ブラウザでたくさんタブを開いたり、Excelテキストエディタなどを同時に使っていると、動きがもっさりすることが多くなってきました。タスクマネージャーで確認するとメモリの使用率が80%くらいになると動きが遅くなっているようです。

ちなみにタスクマネージャーは、下記のショートカットで一発で表示されます。
Ctrl + Shift + Esc

メモリを増やせば解決しそうですが、せっかくなのでグラボも追加して性能アップを試みました。どちらも手軽に作業できるので難しくありません。その手順なども紹介したいと思います。

Vostro3268のスペック概要

現在のVostro3268スペックは下記です。購入当初メモリ4GBでしたがすぐ8GBに追加しました。

CPU Intel Core i5-7400 (3.0GHz 6MBキャッシュ 4コア/4スレッド)
グラフィック Intel HD Graphics 630 (CPU内蔵)
メモリ 8GB (DDR4-2400MHz 4GB×2)
OS Windows 10 Home (64bit)

今回変更するのは赤字のところです。

今回購入した製品

今回購入した製品は、下記のメモリグラボです。
メモリ8GB→16GB2倍に増やして、さらにビデオカード追加してCPU内蔵から画像の演算処理のグレードアップをします。

①メモリ:Crucial DDR4-2666 16GB (8GB×2枚)

今の使い方だと16GBあれば充分だと判断。あとDDR4-3200だと動作が怪しいらしいので安全重視でDDR4-2666にしました。

②グラボ:MSI GeForce GT 1030 2G LP OC

Vostro3268スモールデスクトップなので、グラボはロープロファイル1スロットじゃないとサイズ的に入りません。最初はロープロ、1スロットのグラボを出しているELSA(エルザ)の「GeForce GTX 1650 SP」「GeForce GTX 1050 Ti 4GB LP」にしようと思ったのですが、だけど長さが211mmあってケースに入らなそうなのであきらめました。電源も180Wしかなかったので厳しめだったかもしれません。

MSI GeForce GT 1030 2G LP OC グラフィックスボード VD6348
MSI COMPUTER
MSI COMPUTER (2017-05-17T00:00:01Z)
5つ星のうち4.3
¥10,700 (中古品)

メモリとグラボの取付

必要な道具はドライバー1本だけ。PCの電源ケーブルを抜いて、ネジを外してサイドカバーを開けます。

メモリは、HDDと光学ドライブが邪魔でアクセスできないので、ネジとケーブルを外して少し移動させます。

ケース内

メモリの両サイドのレバーを押してついているメモリを取り外す。新しいメモリの切り欠きを確認して正しい向きで差し込みレバーが起き上がることを確認する。

メモリ

グラボはロープロファイルのブラケットに交換する。ドライバーでネジを2本外す必要あり。このグラボはHDMIとDPの2つの出力端子があります。

グラボ

ケース背面から端子を出すために、金属の板を2~3回折り曲げて取り外します。

グラボ

PCI-Expressのスロットにグラボを差し込んでおしまい。

グラボ

あとはケースを元通りに戻すだけ。
電源のコネクタ接続もないので、作業はとてもシンプルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました