未分類

【2カ月で合格?】ウェブデザイン技能検定 2級への挑戦 ~試験対策編~

ガイドブック 未分類

受検しよう思ったきっかけ

WordPressでサイト作成を始めたものの、Webに関する技術・知識についてきちんと基礎から学んでないなとふと感じました。HTML、CSS、JavaScript、WordPressなど、見よう見まねでWebサイトを作ってきましたが、いったん初心に戻って体系的に学ぼうかと。

本屋に行って、いい書籍がないかなと探していたところ、Web系の資格に関する参考書がいくつか置かれていました。資格や検定など調べてみると“ウェブ業界で唯一の国家資格”と謳っているウェブデザイン技能検定があることを知りました。 ひとまずこの資格を取得することをモチベーションに取り組むことに。

1級、2級、3級とあるのですが、3級は簡単そうだったのでスキップして、2級に申し込みました。

一応ですが、情報処理技術者試験の基本情報、応用情報、情報セキュリティスペシャリストに合格していて、SIerで約10年の業務経験があり、WordPressでサイト構築をしているので、ITやWeb系の技術や知識はある程度知っているという前提です。

申し込みと受検手数料

試験は実技学科に分かれていて、どちらか片方だけ申し込みすることもできます。
各級の受検手数料は下記となっています。

  実技 学科  
1級 7,000円 25,000円  
2級 6,000円 12,500円 ※35歳未満は7,000円
3級 5,000円 5,000円 ※35歳未満は3,000円

ちょっと割高な気がしますが、ベンダー系の試験はもっと高いものもあるし、ウェブデザイン技能検定は更新試験がありません。実技ではAdobeのPhotoshopとかDreamweaverのソフトを使うし、これくらいかかるものかなと。

国家検定なのにAdobe社製ソフトを使うのはどうなのっていうのはありますが、PhotoshopはともかくDreamweaverって現場でそんなに使われてるのでしょうか。

申し込みにあたり受検資格があり、3級の場合はほぼ誰でも受検できますが、1級、2級だと条件があるので申し込み時に注意が必要です。3級から順番に取得すれば問題ないです。

というわけで10/9に申し込みして、試験日まで対策を進めることにします。

2級の試験対策

試験日は2020年11月29日(日)なので勉強する期間としては2カ月弱書籍パソコン/ネットで試験対策をしていきます。

試験対策の概要

購入した書籍は次の3つ

  • ウェブデザイン技能検定 3級 ガイドブック
  • ウェブデザイン技能検定 2級 ガイドブック
  • よくわかるマスター ウェブデザイン技能検定 2級 過去問題集

パソコン/ネットで参考にしたもの

  • ネットチャレンジ ※2級 ガイドブックに付属
  • 過去問
  • ウェブコンテンツJIS (JIS X 8341-3)
  • Youtubeで実技の解説動画
  • Photoshop
  • Dreamweaver

具体的にやったこと・ポイント

ウェブデザイン技能検定 3級 ガイドブック / ウェブデザイン技能検定 2級 ガイドブック + ネットチャレンジ

ガイドブックは下記のサイトで購入しました。

ウェブデザイン技能検定 3級ガイドブック | 株式会社ウイネット
試験合格に必要なスキルが身につけられる構成
ウェブデザイン技能検定 2級ガイドブック | 株式会社ウイネット
ネットチャレンジ併用で合格レベルの知識・技能を習得

届いて実物を見た感想は2級、3級ともに薄くてペラペラ。どちらも80ページ前後ですが、試験範囲に沿って解説があるので、見ておくべき必須のテキストだと思います。過去の出題例やポイントが記載されているので参考になります。

まず3級のガイドブックを2~3日くらいみました。その後2級のガイドブックをみて、付属のネットチャレンジというウェブ問題集を解いていきました。学科の問題は全部で319問あり、分からないところを自分で調べたりしながら2周しました。が、問題が変だったり納得いかない解答も一部あります(笑)かかった期間は3週間ほど。

ネットチャレンジは学科だけでなく実技もあり、解説や解答のソースがあるのでおすすめです。チャレンジ問題っていうどこにも説明がない実技のサプライズ問題?もあります。
ちなみにですが、3級のガイドブックは2020年7月、2級のガイドブックは2020年5月発行で、最新の内容が記載されています。

このガイドブックとネットチャレンジできっちり対策すれば、かなり点数が取れるようになります。さらに合格安全圏を目指すのであれば、この後に過去問で対策をするのがおすすめです。

よくわかるマスター ウェブデザイン技能検定 2級 過去問題集

過去問だと解答はあっても解説が無いので、この本を購入しました。

平成24年、平成25年と内容が古いので、最新のHTML5やCSS3の技術や、W3Cの勧告などは別途対策が必要です。しかし試験問題にはずっと変わらずに出題される問題があったり、出題の傾向が掴めたりするので、古くけど参考になります。なにより解説がついているので良いです。

残念ながら、既に販売が終了されているので、ヤフオクやメルカリなどで入手するのがよいかと思います。

その他パソコン/ネットで参考にしたもの

ガイドブックやネットチャレンをしながら、HTMLやCSS、JavaScript、PHPなど技術的なこと、ウェブコンテンツJIS(JIS X 8341-3)など自分の知らないことや不足していることをいろいろ調べました。

具体的には、rubyタグ、svgタグ、無名関数、アロー関数、ダブルアロー関数、クラスのプロパティやコンストラクタの使い方などなど。

ウェブコンテンツJIS(JIS X 8341-3)は、原文から一部の言葉が切り取られて穴埋め問題として出題されます。用語集も合わせて確認しました。(こんなの見る人はほとんどいないだろうなと思いながら)
JISのサイト:https://www.jisc.go.jp/index.html

過去問は、公式サイトで直近3回分手に入ります。できれば3~5年分くらいほしいところですが。
公式サイトの過去問:https://www.webdesign.gr.jp/measures/publication/

あとはYoutubeで実技の解説動画があったので、いくつか視聴。

ウェブデザイン技能検定2級実技試験対策 課題1解説
ウェブデザイン技能検定2級実技試験~作業2~Adobe PhotoshopでGifアニメーションバナーを作成
ウェブデザイン技能検定2級実技試験対策 課題3-4解説

試験1週間前に、PhotoshopとDreamweaberの体験版をインストールして操作に慣れるようにします。それまでは、VSCodeとサクラエディタ、10年以上前に買ったPhotoshop Elements 7で実技の演習をしました(笑)

実技の問題は毎回同じ内容なので、HTMLとCSS、JavaScriptは、最悪テキストエディタで全部手打ちできるくらいに覚えてしまいました。

試験直前

試験の合格基準は、実技・学科ともに70点以上なのでこれだけやっていれば大丈夫だと思います。最後の追い込みとして直近の過去問を解きつつ、気になるところを調べて覚えてって感じで仕上げて、来週の試験本番に臨もうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました