機材

ZWIFTの汗対策に「ヘッドバンド」が快適

workman headband 機材

6月に入って気温・湿度があがり、扇風機を全開にしても汗が止まらなくなってきた。

夏はこれからだし、エアコンは早いよなぁと思ってまだつけていません。暑さに体を適応させることを「暑熱順化」というが、熱中症の予防にもなるので慣れていきたい。

水分やミネラルをとりつつ、上手く汗をかける体づくりを目指します。

ヘッドバンドで汗対策

汗をかく量が増えてきたので何か家にないかと思っていたら、ヘッドバンドがあることを思い出した!3, 4年前にくらい前にヒルクライムの大会の会場でゲットしたやつ。

HALO HEADBAND
HALOのヘッドバンド
HALO HEADBAND
内側のシリコンゴム

HALO」のヘッドバンド。読み方は”ハロ”じゃなくて”ヘイロ“。

素材はナイロンやポリエステルでできていて、薄手でさらさら。
内側には黄色のシリコンゴムがついていて、汗が目に入るのを防いでくれる。

早速1時間くらいのライドで使ってみたら、すごく快適!
今まではハンドルや首にタオルをかけて、汗が流れそうになったら拭っていたが、同じような感覚で汗を拭こうとするが、まったく垂れてきてない。

帽子のように頭が覆われていないので、風抜けもよい。
吸汗速乾素材なので、洗濯してもすぐ乾く。

欠点は、おでこにシリコンゴムの跡が残ることくらい。

ワークマンでヘッドバンドを追加購入

追加でヘッドバンドが欲しくなり、ワークマンのヘッドバンドを購入した。
汗だくになったときの交換用、洗濯時の替えとして。

WORKMAN HEADBAND
ワークマンのヘッドバンド
WORKMAN HEADBAND
税込み199円!

ワークマンのヘッドバンドを2個購入。199円は安い。
HALOは2,000円以上するので、1/10以下の費用。

素材はポリエステルと綿でできていて、タオルのパイル生地となっている。
吸汗機能があり、汗も十分に吸ってくれる。

HALOと比べると生地に厚みがあり締め付け感が強い気がするが、使っていけば伸びるかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました